町の自然エネルギー屋さん 

-------E r g a・エルガ のblogです-------
木質コージェネのパワー

10/13から15日にかけて、秋田に行ってきました。自然エネルギーの根が、着実に、しかも急速に、この国を耕している様を実感してきました。遠からぬ先に、この国は大きく変わるでしょう。戦争という方向に、引っ張られていかない限り。1日も早く、何が何でも既得権益を守ろうとしている人たちに、レッドカードを突きつけたいです。

 

まずは、秋田港の風車群です。30基以上はあると思われます。多分、発電出力では3万kWになると思います。近くには、メガソーラーと思われる施設もありました。

 

鷹巣町のVolter Japanを訪れました。小型の木質コージェネを販売している会社です。同町の道の駅に設置されているものを見ました。発電容量40kW、熱容量100kWです。建屋は20坪程度。熱は、足湯に使われ、電気はFITで全量販売されています。建屋の左側に、チップが貯蔵されています。2〜3日に一度、軽トラで、チップは搬入されています。

機械の中身です。チッブはガス化されて、車のエンジンを動かします。発電機が回って、電気が出ます。高温のガスと排ガスから、熱は回収されます。私たちが、寄居で行っている実験機と、構造は同じです。非常にシンプルです。

熱は足湯にしか使われていません。これはとても勿体ないことで、案内してくれた方も色々と実験していると言っていました。電気は、40kwの低圧連携です。これはもう、難しいことは何もありませんね。

 

この会社、去年立ち上げたばかりですが、すでに20機に登る既設置と注文を受けているとのことです。きちんと事業として成立する仕組みとなっているので、急速に拡大することは、まちがいないですね。

地殻変動の確かな音がしています。

 

 

| erga | 自然エネルギー | 11:17 | - | - |
太陽光発電の看板

我々の太陽光発電システムの看板です。

そろそろ原発は終わりにしようぜ。原水爆も、本当に馬鹿らしい。

 

| erga | 脱原発 | 17:30 | - | - |
実りの秋

急に秋になりました。

我が家の稲穂も、出ています。里芋にも花が咲きました。嬉しいです。

 

 

| erga | 農業 | 17:25 | - | - |
モバイルバッテリー充電用手作りPV講習会開催中

本日、モバイルバッテリー充電用の手作り太陽電池講習会が、小川町のエルガで、開かれています。ただいま真剣にとくみ中。初めての半田付けに、ドキドキ、だそうです。参加者は6人、見学者お一人。10さんのお嬢さんから、80過ぎの方まで、広い年齢層に、講師陣も緊張気味。

 

無事に出来上がって、笑顔で持って帰れるといいですね。

引き続き開催します。興味のある方は、ご連絡を。

 

| erga | 講習会 | 12:14 | - | - |
美術館のLED

少しさかのぼりますが、2013年4月と12月に、埼玉県の丸木美術館の明りを、LEDに交換しました。その前後1年間の電気料金のデータを、頂くことができました。その結果をおしらせします。一年で約20%、金額で117,000円あまり、少なくなっていました。月に約10,000円です。これだと、少なくとも300kwhは減っていると思われます。ひょっとすると、契約容量も減らすことができるかもしれません。固定費用の削減は、経営にとっては大きいですね。

 

 

| erga | - | 13:59 | - | - |
生ゴミの電気、売電始まる。

5/9に、埼玉県小川町ではじまったバイオガスによる連系に関して報告します。この発酵槽システムは、学校給食の残渣を液体の肥料に変えて再利用するもので、システム全体が、明日の世界につながる仕組みです。ゴミの投入は、地元の若い農家さんたちがやり、自分たちで利用しています。私も時々、使っています。この場所に、発酵槽ができたのは、もう10年以上前のことです。建設費1000万円弱は、市民の方々からの出資で賄われ、今年完済されました。主体はNPOふうどです。電気関連は、弊社関わってきました。

この仕組みはこのように、電力の連系という側面だけではないのですが、ここでは、現在のトピックである連系の情報だけにしておきます。

学校給食の残渣からできたガスは、ガスバックにたまります。ガスバックの大きさは10㎥です。発酵槽自体は、21㎥で、民家の生ゴミに換算すれば、約500件分のゴミ量に当たります。
gasbag.JPG

ガスはHONDAのガスコージェネで、熱と電気にかわります。発電容量は1KWです。メタンガス用に少し手が加えられています。今のところ、熱は利用されていませんが、間も無く、タンクも加わる予定です。

新コジェネ.JPG

電気は、メーターを通り、全部、電柱の電線へと流れていきます。全量売電です。6/19日時点での売電量は、43.7kwhです。パルシステム電力へ8.7円/kwhで売ります。今回は、残念ながら、FITの制度に乗せることができませんでした。それは、この発酵槽が、FITが始まる前のRPSで認定を取っていたからです。(そうです、僕らは、もう10年も前からこの日の来るのを夢に見てきたというわけですよ)。新たにこのシステムを導入するこれからのシステムは、ずっと高く売れるFITにできます。

電気回り 1.JPG

joint.JPG

5/9には、電力会社の方が検査に来ました。ふっと、25年前の太陽光発電の連系の時を思い出してしまいました。その時は、関東で初めての民間連系だったので、電力関係の車が、ずらりと並んでいました。随分と、進んだものです。

check.JPG

これからこの小型発酵槽による肥料利用とエネルギー製造は、間違いなく広がります。小さな循環の輪が、全世界にできていき、それらが互いにリンクされて行った時、私たちの暮らしは、確実に変わります。一部の権力者が偉い顔をする仕組みから、さよならすることができます。1日でも早く来て欲しいものです。

| erga | - | 10:42 | - | - |
モバイルバッテリーとマイパネル

8/5に、モバイルバテリーを充電できる太陽電池を作る講習会を開きます。世界で唯一の、自分だけの太陽電池作りに、挑戦してみましよう。

 

| erga | 太陽光発電 | 09:32 | - | - |
夏休み直前!! 親子で学ぶ 省エネ入門講座&ワークショップ

お待ちかね!!

夏休み直前の小学生以上の親子講座で、夏休みの自由研究が出来上がりーです。

節電紙芝居でおなじみの甲山ゆみこさんのすっごい講座です。

どしどし ご参加下さ〜い。先着18組で締め切りです。

 

日時 : 2017年7月15日(土)14:00〜16:00(受付開始13:30〜)

場所:小川町立図書館2F大会議室

参加費:無料 (パルシステム埼玉の「市民活動支援金」を受けています)

問い合わせ先:おがわ町自然エネルギーファーム 

                    ogawasun@ogawa-efarm.net

                    TEL 080-4945-1712(留守電対応あり)

 

夏休み講座00

夏休み講座01

.
.
..........
| erga | 省エネルギー | 16:55 | - | - |
山形は今、面白い

5/21から23日まで、スタッフ全員で山形に行きました。南陽市の置賜農業普及課産地研究室での点滴潅水農業、最上市の地域熱供給システムを見るためです。点滴潅水は、少ない水で農業を行なう技術です。産地研究室のシステムは、10年以上前からお付き合いのある(有)プティオの製品です。砂漠への導入を目的に、まずエルガで導入を検討しています。

研究室では、アスパラ、タマネギ、リンドウ(花)等で試験していました。プティオのポンプは、我々にとっては比較的なじみの深いものなので、システム自体の難しさは感じませんでしたが、実際の運用は色々とアイデアが要ります。根掘り葉掘りのしつこい質問に、嫌な顔一つ見せずに、職員の方々は、丁寧に説明してくれました。

上の写真の太陽電池、多分、家が販売したもののようです。

話がおおかた終わりの頃、運良く、このシステムを販売した現地の農業資材屋さんが見えられました。実際の導入農家のところへ行くとのこと、連れて行ってもらうことに。

籾殻堆肥の床に、アスパラがにょきにょき。黒いラインが、潅水チューブ。点滴潅水により、収穫量が3倍以上になったとのこと。水は滲みでる程度ですが、籾殻に手を入れると、しっとりと湿っています。これが良いのだそうです。水源は、用水路です。向こうに見える黄色い500ℓタンクが20アール全体をまかなっています。

皆さん、有難うございました。

チャドでは、これで、何を作るか??!!

そんなことを話しながら、天童へ。そこは、レクスタの仲間のソーラーワールドさんの地元。会社についたのは予定より少し早い3時頃。待ってましたとばかり、社長の武内氏が、翌23日に見る予定のバイオマスボイラーの話をしてくれました。彼は間違いなく、現在わが国でももっとも自然エネルギーに情熱を燃やしている社長の一人でしょう。6、7年前から、オーストリアのエタ社のバイオマスボイラーを学び、事務所にも導入しています。黄色いタンクが温水の貯留、左の黒い箱がペレットボイラーです。30kwとの事。これで、自宅と事務所の熱需要を賄います。

 

この日は、彼の顔で、安く高級旅館に泊まることが出来ました。満ゾーーーク。武内さん、ありがとう。

22日にあまりに熱心に話をしたせいか、彼,夜中に39℃の熱を出してダウン。代って、若い常務さんが最上町へ案内してくれました。23棟(予定)の各家々に、ペレット、チップ、薪の三種類の燃料からの温水が、地下に埋められたパイプを通って、供給されます。この道路は、地下水が循環していて、融雪になっています。

私が何よりも引かれたのは、燃料は地元の材木であり、それを切り出すのも、加工するのも、地元の企業。システムの管理をするのも、地元の企業。この仕組みは、現地の人々に仕事を作らなければ意味がないという、武内氏の強い信念に基づいて組立てられています。やりますねえ。

まだ最上町も正式に情報を公開していないので、写真は、乗せられませんが、一つだけ、熱のメーターが、家の壁に付いていました。今公開されている情報は、以下を御覧下さい。

http://mogami.tv/info/03shisetsu/04biomas.php

 

 

地元に仕事ができ、エネルギーが地元で管理されるようになれば、原発は、止まります。がんばろー、僕も。

 

| erga | 自然エネルギー学校 | 17:38 | - | - |
ヤナギ報告

5/17

 

尾上ヤナギ 年を越えて保管していたものは、待ちきれなくて2月末に植木鉢に挿し木にした。室内においておけば良かったのだが、折からの暖かさに誘われて、追訴とに出した。とたんに寒の戻り。たちどころに元気がなくなってしまった。3月25日、垂直植で庭に移植したが、どうも危うい。新たに10本ほどの枝を集め、教科書通りに斜め植した。今日現在の様子を写真でお見せします。垂直植で生き残ったのは、わずかに1本。斜め植は、全て根付いて元気にしている。やはり温度だね。

これが成長して、どのくらいの材木に化けるのか、楽しみだ。

 

| erga | 自然エネルギー | 17:08 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ