町の自然エネルギー屋さん 

-------E r g a・エルガ のblogです-------
アースディ

4/21

 

久しぶりに、代々木公園でのアースディを見に行った。この時期にしては、記録的な暑さだそうだ。いい天気だったので、虫干しには最高。虫干しといえば、「アベ政治を許さない」のTシャツ、去年しまいこむ時に、もう出番はないかなあなどと思ったのに、まだ、活躍の場があってしまった。もうこのシーズンで、終わりになるだろうが、丁度いい虫干しになったよ。もう何回か、着ることになりそうだ。

| erga | - | 16:28 | - | - |
近隣の林業の講習会の案内

4/9

 

4/14に、小川町の図書館で、林業事務所・森林組合関係の方をお呼びして、この近隣の林業の現状と課題について、お話を聞く会を設けます。バイオマスエネルギーの導入に向けての、第一回目の学習会です。山の恵みで、私たちの暮らしができますように。

 

| erga | 自然エネルギー | 10:05 | - | - |
2年めの尾上柳

4/9

 

今年の冬に根元10cmくらいのところから切っておいた庭の柳、この暖かさに刺激されて、ぐんぐんと大きくなっています。分ケツもすごい。秋にはどのくらいの高さと太さになっているのか、楽しみです。根がまだ水道に届いていないと思われる道路側(地形的には高いとこにある)のものは、育ちが良くない。低いところに生えている物が、総じて生育がいい。

 

| erga | 自然エネルギー | 09:53 | - | - |
若い農業者のための太陽電池説明会

4/4

 

この日、エルガは大忙しです。17時近くまで、ネパールのためのPV製作講習会。そのあと、18時からは、農業者のための太陽光発電の説明会です。今農家は、繁忙期の入り口。それでも5人の若い農業者が、参加してくれました。ありがとうございました。原発や化石燃料から、自然エネルギーへと、時代は変わります。農業の現場でも当然変わっていきます。電柵やポンプ、家での電気の話、熱心な質問が飛び交う、楽しいひと時となりました。

下の写真は、エルガの独立系で自給させている小屋を見ている様子です。

 エルガのキャッチフレーズは、「村のエネルギー屋さん」 これからも、こうした会を開いていきます。

| erga | 講習会 | 13:56 | - | - |
ネパールで活躍を!

4月4日

いわきの島村氏たちがもうすぐ震災支援で、ネパールに出発します。3.11で受けた支援のお返しも込めて、地震で被害を受けたネパールの村々への、ソーラー支援を中心にした「いわきお天道SUN企業組合」の活動です。島村氏たちとは手作り太陽電池などで、いろいろとつながりを持っています。今回は、エルガとソーラーネットの仲間が三人随行することになっています。合わせて10Wサイズの太陽電池を、20枚ほど持って行ってもらうことにしました。そのためのボランティア製作講習会を行いました。参加してくれたのは、10人。わざわざ東京から来てくれた方もいました。

まずは、ネパール支援活動の紹介がありました。私(桜井)も、ネパールの活動は詳しくは知らなかったのでいい勉強になりました。

そのあとは、いつもの製作講習会。作るというのは、ハマるんですね。みなさん、黙々と。

そして仕上がりの歓声。

 

自分の名前の入った太陽電池が、ネパールに届く。「そのうち、ネパールに行って確認したいな」という声も飛び出しました。太陽電池くんたち、頑張って活躍するのだぞ。

 

 

| erga | 太陽光発電 | 13:36 | - | - |
もみじ祭り

11/12

 

久しぶりに、小川町のイベントに参加しました。いつもの朝市ではなくて、もみじ祭りと名打った河原の公園での、催しでした。天気が良くて、暖かく、立ちん坊の我々にはありがたい日でした。お客さんの数はまあまあでしたが、相変わらず、自然エネルギーへの関心は、もう一つです。おかげで、焼き鳥やモツ煮など、いろいろと食べる時間はありました。12月の朝市にも、懲りずに出てみよう。これで最後の朝市になるらしいので。

 

| erga | 朝市 | 14:28 | - | - |
手作りPVの講習会 第二回

8月5日に開催した、モバイルバッテリー充電用の10w太陽電池の製作講習会・第二回めを開きます。

前回好評だったので、もう一度、企画しました。世界に一つしかない自分の太陽電池、持ってみませんか。

| erga | 講習会 | 20:48 | - | - |
稲刈り

今年の稲刈りは、雨と台風で、延び延びになっていた。昨日、二日間の晴れ間、また台風が接近中。この日しかないというので、急遽、敢行。しかし、ぬかった田んぼは、機械も人も、極端に動きが悪くなる。バインダーを何度か、泥沼から引き上げながら、なんとか、明るいうちに、ハザカケまで終えることができた。へとへと。稲わらの数は、昨年とそれほど変わっていない。まずは一安心。

 

| erga | 農作業 | 20:41 | - | - |
木質コージェネのパワー

10/13から15日にかけて、秋田に行ってきました。自然エネルギーの根が、着実に、しかも急速に、この国を耕している様を実感してきました。遠からぬ先に、この国は大きく変わるでしょう。戦争という方向に、引っ張られていかない限り。1日も早く、何が何でも既得権益を守ろうとしている人たちに、レッドカードを突きつけたいです。

 

まずは、秋田港の風車群です。30基以上はあると思われます。多分、発電出力では3万kWになると思います。近くには、メガソーラーと思われる施設もありました。

 

鷹巣町のVolter Japanを訪れました。小型の木質コージェネを販売している会社です。同町の道の駅に設置されているものを見ました。発電容量40kW、熱容量100kWです。建屋は20坪程度。熱は、足湯に使われ、電気はFITで全量販売されています。建屋の左側に、チップが貯蔵されています。2〜3日に一度、軽トラで、チップは搬入されています。

機械の中身です。チッブはガス化されて、車のエンジンを動かします。発電機が回って、電気が出ます。高温のガスと排ガスから、熱は回収されます。私たちが、寄居で行っている実験機と、構造は同じです。非常にシンプルです。

熱は足湯にしか使われていません。これはとても勿体ないことで、案内してくれた方も色々と実験していると言っていました。電気は、40kwの低圧連携です。これはもう、難しいことは何もありませんね。

 

この会社、去年立ち上げたばかりですが、すでに20機に登る既設置と注文を受けているとのことです。きちんと事業として成立する仕組みとなっているので、急速に拡大することは、まちがいないですね。

地殻変動の確かな音がしています。

 

 

| erga | 自然エネルギー | 11:17 | - | - |
太陽光発電の看板

我々の太陽光発電システムの看板です。

そろそろ原発は終わりにしようぜ。原水爆も、本当に馬鹿らしい。

 

| erga | 脱原発 | 17:30 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

このページの先頭へ