町の自然エネルギー屋さん 

-------E r g a・エルガ のblogです-------
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
木質ガス夏合宿

8/6、寄居町で、木質ガスによる発電の実験合宿を行ないました。木材のチップをガス化して、そのガスによる発電です。これまで順調に進んで来たので、今回は連続運転の予定でした。しかし、結果は、失敗でした。初め動いていた発電機が、途中で停止してしまったのです。ガス質が低下したのではないかと、私は見ています。というのも、燃料を追加した後に、止まったからです。我々のNPOは資金が不足していて、チップの水分を測ることができません。乾燥施設もないので、天日乾燥に任せています。雨にあてなくても、朝夕の湿気を吸収して、水分を含んだチップになっていたのではないかな。

何とか、資金をひねり出さないと。

 

 この日は、寄居の水天宮祭り。バーベキューとビールに酔いしれながら、花火、堪能しました。久しぶりにテント。嬉しいような疲れたような....翌日、ゆっくりお風呂に入りました。

 

| erga | 自然エネルギー学校 | 10:30 | - | - |
1/14(土)ロケットストーブを見てみよ う! つくってみよう!
*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・ .・*・.・*.・*

里山バイオマス徹底活用プロジェクト                 〜自然エネルギーが紡ぐ人のつながり地域のぬくもり〜 
ワークショップ ロケットストーブを見てみよう!つくってみよう!          
2012年1月14日(土)埼玉県ときがわ町

*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・ .・*・.・*.・*

地域の里山整備と持続可能なエネルギーの確保、生態系の保全
自然エネルギーへのシフト…
固いけれど、大事なこと… 
そうだ、考えるだけじゃなくて実践してしまおう!
ということで開催されるワークショップが「ロケットストーブを見てみよう!
つくってみよう!」です。

里山の資源〜薪〜を活用して、エネルギーを高効率に確保するのがロケットス
トーブ。
お料理、ベンチを暖める、床暖房など様々なタイプに応用できます。
今回は全国でロケットストーブの技術者として活躍されている石岡さんをお招きし応用編のストーブの見学、野外で使用するシンプルバージョンのロケットストーブを手作りします。
比企地域のみなさん、里山活動、環境問題、自然エネルギーなどに関心のあるみなさん手先が器用な方 etc ご参加をおまちしています!

<<前回の講習会の様子>>


【概要】
会場:埼玉県比企郡ときがわ町 K邸
定員:25名
移動:マイクロバス
参加費:1000円/ロケットストーブを持ち帰りたい方 4000円(薪付き)
持ち物:軍手、金切りばさみ、ドリルまたは、グラインダー、筆記用具、ペンチ、
昼食、作業ができ暖かい服装
☆ロケットストーブは4〜5人のグループで1つ作ります。持ち帰って使うことができる方は申し込み時にご連絡ください。

<ロケットストーブ関連情報>
オルタナ・オンライン

5分でわかるロケットストーブの原理

<スケジュール(予定)>
9:30 小川町駅集合 バスで移動
10:00 ロケットストーブの原理を知ろう
10:30  ロケットマスヒーター見学
11:00 ロケットストーブ制作ワークショップ
12:30 ランチ休憩
13:30 ロケットストーブ制作ワークショップ(つづき)
15:30 終了
16:00 小川町駅 解散


<講師の紹介>
石岡敬三氏
1977年、核兵器と原発は同じくの危険性があることを知りエネルギーに関心を持つ。
1980年日本食用塩研究会(現在、海の精)で自然塩作りの現場で働く。
以後、大工仕事の携わる。
1987年にアメリカで大工仕事のボランティアで行った先で自然エネルギーを活用している沢山の人達と出会う。
1990年埼玉の小さな貸家に太陽電池3枚設置、
1994年8月6日東京電力の電気を切ってオフグリッド生活を楽しむ。
自然エネルギー事業協同組合レクスタに参加
1996広島にUターンし、オーガニック生活学校や日本ロケットストーブ普及協会
の事務局を行ったり、田んぼの草と格闘しながら、自然エネルギー機器の販売取り付け普及活動などを行う。

日本ロケットストーブ普及協会


+++++++++++++++++++++++++++++++++

<お申し込み・お問い合わせ>は続きを読むをクリック!!

続きを読む >>
| erga | 自然エネルギー学校 | 14:26 | - | - |
第2回六ヶ所村・自然エネルギー学校
 10/10.11日と青森県六ヶ所村「花とハーブの里」で、第2回自然エネルギー学校が開かれました。今回の内容は、「太陽電池の組立て」「小型風車」「地域からエネルギーを変える、エネルギーから地域をかえる」「花とハーブの里のエネルギー自給に向けて」の4本の柱で行われました。主催は花とハーブの里、ピースランドで、エルガは、技術と資材の提供を行いました。
まずは菊川校長先生のご挨拶。一年半ぶりに会う彼女、思ったより元気そうで、ほっ。

開校式

今年は、若い夫婦2組の参加。子供達の元気な声が、力をくれました。開校式の後は、太陽電池の手づくりで、左側のテーブルには、もう準備ができていますね。一日かかります。この講習会の様子は、ソーラーネットのHP(http://solar-net.jugem.jp/)で報告しますので、そちらを見てね。ここでは、他の講座を紹介します。

2日目は、なんと、朝6時から始まりました。こんなハードなスケジュール、ありですかぁーーーー。昨夜は、たっぷり飲んで、あることないこと、大言壮語の時間を楽しく過ごしたのですから、もう少し、寝かせてヨーーー、と言いつつも、ちゃんと起きてしまう、ところが、エライ!
 次の写真は、六ヶ所の夜明けです。菊川さんの家の屋根から撮っています。反対側には、巨大風車群が遠くに見えます。自然エネルギーの宝庫なんですよ、ここ、六ヶ所は。だれが、放射能を持って来たんですか!!!!  再処理工場など無ければ、風車の間でのんびりと牛達が草を噛み、彼らのお尻からの生産品で、バイオガス施設もでき、全国屈指の豊かで、平和な村ができただろうに。

夜明け

それにしても、朝6時から何をしたか....風車の取り替えです(本当は、太極拳をしたかったのですが...それでも、ちょっとの時間をかすめいただき、おきよめとお祝いの扇の演舞だけはしておきました)。昨年は、松村機械製作所のMWG-50を取付けました。しかし、ここの強風に耐えきれなかったのか、半年でダウン(降ろした後解ったのですが、ダイオードが焼けていました)。今回は、この講座の講師であるグリーンポストの恒任氏の選定で、南極でも活躍していると言うウインドチャージャーを選び、交換しました。同じ50Wです。ちなみに、この風車、エルガの寄贈です。えへん。

風車1

風車2

風車3

その後は、エナジーグリーンの竹村さんの話。現在のわが国エネルギー政策と、自然エネルギーのおかれているポジション、グリーン証書、市民ファンドの現状などを解りやすく、話してもらいました。世界のエネルギー政策は、すでに大きく自然エネルギーへと動き出しているにも関わらず、わが国が、全く後ろ向きの政策しかとれていないことが,データも交えての説得力ある話で、よく解りました。

この後の座談会風の話し合いは、花とハーブの里を自然エネルギーで自給しようと言う話で、まとまりました。手始めに太陽電池からです。

 太陽電池が一枚新たに加わり、そして風車が復活し、バッテリーの増設が必要となります。そしてその利用も広がります。それらを実践して行くのは、地元の若者達です。その意味で、今回の学校でもっとも嬉しかったことは、地元の若者達が関わってくれたことかもしれません。
 
 美味しいご飯を用意して下さったおふたかた、ありがとうございました。そして皆さん、ご苦労様でした。



| erga | 自然エネルギー学校 | 15:14 | - | - |
第2回 六ヶ所村・自然エネルギー学校
今年も行きま〜す 
六ヶ所村・花とハーブの里へ 自然エネルギー学校まだ少し空きがありま〜す



日時:2010年10月10日(日) 
   11日(月・祝) 10日 11時開校 11日14時閉校

 10日 13:00〜15:00 ワークショップ
     15:30〜17:30 ワークショップ
        〜18:00  夕食など
             19:00〜21:00 ワークショップ 終了後交流会
                         10:00  消灯


  11日      6:00 起床
               8:00〜10:00 ワークショップ
      10:30〜12:30 ワークショップ
      12:30〜13:30 食事
      13:30〜15:30 ワークショップ
*ワークショップの詳細は決まりしだいアップします。
 
会 場:六ヶ所村 花とハーブの里
講 師:桜井薫・恒任東士(自然エネルギー事業協同組合レクスタ)ほか
参加費:6,500円(宿泊、食事代含む)先着30人
主 催:花とハーブの里、PEACE LAND 

お問い合わせ・申込み : 花とハープの里
 メールはクリック→花とハーブの里   kiku.hanatoherb@violet.plala.or.jp
 PEAC LANDO  Tel/Fax  0178-22-3269 (ファックスはPEACE LANDまで)
 メールはPEACE LAND  yam@hi-net.ne.jp

★カンパのお願い・・・自然エネルギー学校への温かいご支援をお願い致します。
 郵便振替 0239-6-470 加入者名 花とハーブの里
 *通信欄に「自然エネルギー学校への寄付」またはカンパとお書き下さい。



                                    

.

| erga | 自然エネルギー学校 | 06:17 | - | - |
6月 自然エネルギー学校
 暑くなってきましたネ。

6月の小川町自然エネルギー学校は お風呂!!
焼き石風呂、ペットボトル風呂、メタンガスによる熱交換でお湯を沸かします。
夜は内ぼら沢へ千匹のホタル乱舞を楽しみに行きます。

詳細はNPOふうどへ ↓↓↓



.
| erga | 自然エネルギー学校 | 13:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
GO!花とハーブの里
六ヶ所GO欧文

「花とハーブの里」はやはり関東からは遠く、車で行く方は途中凍結道路もありますので、スタッドレスタイヤなどで行くようにして下さい。
道中なにもなければ良いのですが、仲間になれるようステッカーを作成しました。
ご自分でプリントアウトしたりTシャツにアイロンプリントしたりして下さい。
このステッカーを貼った人を見かけたら、一声をかけあって下さい。宜しくお願いしま〜す。

六ヶ所go和文002

プリントできない方は エルガまでご連絡下さい。
tt8k-skri@asahi-net.or.jp



| erga | 自然エネルギー学校 | 10:26 | comments(0) | - |
07年度 1回だけの自然エネルギー学校
07学校
JUGEMテーマ:学問・学校

07年度のバイオガス講座が、2月16日にやっと開催されました。
講師の方々にも 日ごろ大変お世話になっております。
参加者の方々も 遠くからご苦労さまでした。
皆さん専門的な質問が多く とても熱心で熱い講座内容でした。
終わった終わった さぁ慰労会でもと 思うのは桜井だけでしょうか
講師も参加者も 農家が多いので、終わったらみんな すーーっといなくなってしまいました。そうだよね 農家は忙しい季節になってました!!

| erga | 自然エネルギー学校 | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ