町の自然エネルギー屋さん 

-------E r g a・エルガ のblogです-------
薪ストーブで掘りごたつ暖房?
ひょうたんから駒で、66になって家を建てている。妙な物は作れないが、それはそれ。長年の付き合いで、黙っていても、土に帰る家ができて行く。大工は、木の大好きな友人夫婦。材木は、埼玉の屈指の山師、彼もずっと木をとっていてくれた。ストーブの煙突も昔からの付き合いの板金屋さんが作ってくれる。土台も、昔からの付き合いのある土建屋さん。有り難いです。
この写真、昨日付けた12Vのファン。薪ストーブの上に取付けた。ファンの先は、しっかり断熱されたダクトで、掘りごたつに行っている。私のいつもの悪いやりたがり癖。上手くいくかは、やってみなけりゃわからない。
| erga | エコロジー | 17:06 | - | - |
Honda Silk Wark
エルガのスタッフには色々な専門職のメンバーが一緒に仕事をしています。
その中の1人、本多さんのsilk warkです。
4/3(金)から4/5(日)までの3日間だけなので、是非 忘れないようにお知り合いを誘っていらしてください。
きっと、感激感動の作品ばかりです。
繭から育て・染め・織りまでの全工程をこなす、若い2人の作品展です。

honchan
地図


Exhibition at hako Gallery [2F]
2015.4.3(FRI)〜4.5(SAN)  open11;00〜20;00
昔から養蚕が盛んだった秩父にて、
蚕を飼い、糸を挽き、植物で染めて、手織りにて、絹の布を作っています。
昨年の繭からはとても強く良い糸が挽けました。今回は春物のストールを中心に展示いたします。
足をお運び頂けたら幸いです。

Gallary hako
☎ 03-5453-5321

hondas silk works
☎0493-78-1650(本多)
ten_no_musi33@yahoo.co.jp












...
| erga | エコロジー | 11:15 | - | - |
水洗トイレのどこが文化的なの?
 下水道の本管が付設された地区で,家を建てる方がいます。彼は,今まで雨水を利用した簡易水洗(洗浄ガンで洗い流す)を使用していました。水はコップ一杯もいらないとても合理的な方法です。便器も汚れれば,簡単に洗えます。きれいで,衛生的で,何の問題も感じていません。必要ならば,じっくりと熟成させて畑に戻す事も可能です。やり方によっては,メタンガスまで利用する事が出来ます。したがって,彼は,このシステムを新築に使いたいと願いました。
 ところが,町役場では,「それでは建築許可はおりません」との返事。愕然です。
 エネルギーを使って飲めるまできれいにした水を,大量につかって目の前から押し流す,この仕組みのどこが、「文化的」なのか、彼の頭では全く理解出来ないのです。

 どなたか,教えて頂けないでしようか!?
| erga | エコロジー | 17:15 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ