町の自然エネルギー屋さん 

-------E r g a・エルガ のblogです-------
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
薪ストーブデビュー

10/12、ようやくストーブデューをしました。我が家にストーブが届いてから10ヶ月、イエルカワインさんの手作りストーブです。ワインと言っても、お酒ではありません。外から温めてくれるものです。チェコ出身で、長野県在住、チェコの動乱の前から、日本にいるそうです。良いストープだよという友人の薦めで、会いに行って決めました。

 この日のために、薪を集め、風呂釜で日の扱いを練習して来ました。寒い日よ、早く来い、と言った心境。

 夜8時、お酒と塩を飾り、火入れをしました。

 初めは、がんがん焚かない。たき付けと、ちょっとした杉皮と、製材所からもらった切れ端材、そして、小降りの楢の丸太一本。

 

 暖かいねえ。 思わず、お神酒に手を、いや、口を付けて。

 

 

| erga | 環境・CO2削減 | 08:31 | - | - |
おとまちこまち ぽんさーと 
都幾川村の元気なお祭りのお知らせをいただきました。
9月28日(土)11:30〜20:00、
   29日(日)09:00〜15:00
場所は雀川砂防ダム公園 ( 埼玉県比企郡ときがわ町大字日影636-1 )
知らないお店が一杯いっぱいです。
マイ箸、マイカップ、マイスプーン、マイ皿を持ってマイトレーも必要かも・・・
エコバックも持って、さぁ行きましょう!!

 ぽんさーと1

ぽんさーと2





.
| erga | 環境・CO2削減 | 09:15 | - | - |
太陽光発電システムがわかる本
太陽光発電システムがわかる本
工業調査会から出版された本のご案内です。
小西正樹・鈴木竜宏・蒲谷昌生 著
定価 (本体2,300円+税)
発行日 2008年7月10日
・第8章 独立電源としての太陽光発電システム欄に、エルガの独立系を掲載していただきました。
・写真や図が解りやすく配置されています。
・薄膜シリコン太陽電池ももちろん解りやすく読みやすく、掲載されています。
是非書店で手にとって見てください。

続きを読む >>
| erga | 環境・CO2削減 | 22:43 | comments(0) | - |
『マグロが減ると、カラスが増える?』
小澤さんの本
『マグロが減ると、カラスが増える?』単行本をご案内します。
著者は環境ジャーナリストの小澤祥司さん
夏休みの読書本にお勧めします。風が吹くとと桶屋が儲かるまではいかないとしても、なるほど、うんうんと読めてしまいます。

 地球環境を支えている、生態系のしくみ、生物達の重要性をわかりやすく解説した内容です。
 架空の「エコ捜査局」局長と局員であるミズキ、コータの3人が、さまざまな謎を追いかけていく過程で、自然のしくみや生きものの 役割・バランスを崩した自然が 私たちの生活そのものまで脅かしかねないことや その原因の多くが私たち人間自身にあることが見えてきます。
 小学校高学年から読んでもらえるよう、3人の掛け合いで構成され、難しい用語は可能な限り避けて、図解や写真で解りやすくしてあります。

『マグロが減ると、カラスが増える?』
税込価格 : ¥1,365 (本体 : ¥1,300)
出版 : ダイヤモンド社
サイズ : 21cm / 177p
ISBN : 978-4-478-00565-1
発行日 : 2008.5.29


続きを読む >>
| erga | 環境・CO2削減 | 22:32 | comments(0) | - |
「田舎暮らし」6月号に掲載!!
JUGEMテーマ:地域/ローカル

「田舎暮らし」6月号に掲載されました。

6月号の表紙です
6月号表紙

もちろん 自然エネルギー入門
河村邸と岩崎邸だけで残念ですが、次回はもっと取材してもらいましょう!!

自然エネルギー入門
どなたの家でしょう? 家ではなく太陽電池を見てくださ〜い!!

| erga | 環境・CO2削減 | 21:35 | comments(0) | - |
100万人のキャンドルナイトin小川町
キャンドルナイトin小川町

2007年6月22日〜24日 夜8時 から10時の2時間
  でんきを消して、スローな夜を
http://www.candle-night.org
生活工房「つばさ・游」&わらしべ 共同企画 

Part.1 手作りキャンドル教室開催
時 : 6月18日(月) 14時〜16時 ( お話会15時すぎ頃 )
所 : 有機野菜食堂「わらしべ」小川町小川110 
講師 : 長尾愛子さん
内容 : チビろうそくや 蜜ろうを使った エコなキャンドル作り
会費 : 1,000円 (1ドリンク+スコーン、お持ち帰りキャンドル付)
持ち物 : エプロン、持ち帰り用箱、
    あれば使い残しのローソク、ヤクルト空容器、ガラス容器 等
問合せ/申し込み : 下記参照

Part.2 わらしべ キャンドルナイトディナー
6月22日(金)〜24日(日)は、特別メニューを用意してお待ちしております。
 地元の有機野菜を使いこなす達人、山下シェフご夫妻が腕を奮います。ろうそくの灯りで、ゆったりとした時間と食事をお楽しみ下さい。

*22日、23日は20時より、おはなし会があります。おはなしサークル・ピッコロのメンバーによる 日本の昔話しや外国のおはなしを 聞いてください。

ディナータイム : 17時30分〜20時30分 (ラストオーダー20時)
問合せ:生活工房「つばさ・游」
E-mail:ogawamap@tubasa-u.com  Tel・Fax: 0493-73-0208 
携帯: 090-4453-6355 ( 高橋 )
有機野菜食堂「わらしべ」Tel・Fax 0493-74-3013



| erga | 環境・CO2削減 | 06:14 | comments(0) | - |
手作りの太陽電池が手から手へと、届けられています。
ソーラーネットでは、インドネシア沖地震の被災地で手作り太陽電池を役立ててもらって以来、これまで、皆さんに製作された太陽電池を、電気を必要としている世界各地の団体に、手渡しして来ました。
 その活動も、少しずつですが、広がって来ました。

東京マイコープ贈呈式2007年5月16日、これまで東京マイコープの皆さんが作成してきた2枚の太陽電池の授与式が、行われました。贈られたのは福島で活動を続けている「ルアンダの教育を考える会」です。会からは、3人の方が参加しました。彼らは、ルアンダで学校をつくり、そこの運営と支援を行っています。内戦の様子や平和の大切さ、それらも含めて、マリールイズさん(副代表)の話は実体験にうらずけられてとても感動的でした。


山梨での贈呈式 3月には、山梨県笛吹市で、山梨コープさんによるセネガル交流協会への授与も行われています。この太陽電池の製作には、子供たちが活躍しました。2個所のもようを写真でご覧下さい。

 また、現在、シブヤ大学で作ったものを一枚、あずかっていますが、これは、できれば、インドネシアか、ミャンマーで活用したいと考えています。


続きを読む >>
| erga | 環境・CO2削減 | 08:28 | comments(0) | - |
未来の火が灯りました。
 埼玉県小川町のNPOふうどのメタン発酵槽に、とうとう未来の火が灯りました。生ゴミを原料にして出来たバイオガス、これを使って、家庭用のボイラーを動かし、発酵槽の加温に利用する事に成功したのです。これで、自分で出したガスで自分を温め、その熱で又ガスを出し続ける、文字通り、循環のシステムができる事になります。
ただ循環するだけではありません。加温用に消費されるガスは、全体の30%だけ。まだ残っていまーーす。
 のこりは、新しい熱源として、また、発電として、利用して行くつもりです。
 
 ボイラーはドラマ
・着火を確認した瞬間です。「あ、あったかいよ!」

続きを読む >>
| erga | 環境・CO2削減 | 22:58 | comments(1) | - |
「コミュニティエネルギーを考える」
日時:平成18年10月14日(土)10:00〜12:00
場所:霞ヶ浦環境科学センター(土浦市沖宿)
(参照 http://www.kasumigaura.pref.ibaraki.jp/04centerInfo/0402.htm)

テーマ:「コミュニティエネルギーを考える」
講師:桜井 薫
講演の内容はNPOふうどの取り組み。
「生ごみ資源化事業・バイオガス」や「自然エネルギー学校」の取り組みなど
霞ヶ浦環境科学センター
続きを読む >>
| erga | 環境・CO2削減 | 05:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
マメナジープロジエクト: 明日のエネルギーに私ができること。
Tシャツ1000枚で1KWの太陽光発電所をつくろう!

太陽の種を蒔こうマメナジープロジェクトとは皆さんがプロジェクトに賛同して、3,900円のTシャツを買っていただくと、その内1,000円を太陽電池1W分として、預けて頂く形になります。1000枚以上販売した時点で太陽光発電システムを設置します。購入された皆さんは発電量・CO2削減量のモニタリングを行うことができます。
このプロジェクトの面白い試みは、このTシャツにはシリアル番号が付いていて、マメナジーのHPで登録すると、現在の進行状況が同時にわかるバナーを利用できます。自分のブログやHPに貼付けて、CO2削減量を自慢できるのです。このバナーは設置後も発電量やCO2削減量を確認できるのです。


つまりTシャッを買うと、屋根を持っていない人も太陽光発電所を増やせてCO2削減量に協力できるのです。
プロジェクト第1弾は、埼玉県小川町の有機農家の屋根に設置します。
Tシャツの購入者は、アースデイなどのイベント会場に、Tシャツを着て(持って)来場すると有機野菜、または有機野菜でつくったカレーをプレゼント!!

太陽の種を蒔いたら、野菜がとれた!!
続きを読む >>
| erga | 環境・CO2削減 | 14:56 | comments(0) | trackbacks(2) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ