町の自然エネルギー屋さん 

-------E r g a・エルガ のblogです-------
<< 「彼らは時間を手に入れた」 | main | 手作りしよう 太陽光発電システム >>
呼びかけ人になってくださいませんか。
イラクで拘束された入間市在住のフリージャーナリスト
「安田純平さんのお話を聞く会」の呼びかけ人になってくださいませんか。

開催日時:2004年7月17日(土) 午後1時30分〜4時まで
場所:さいたま市共済会館6階大会議室
内容:イラクの現地報告とともに、映像の紹介もお願いしています。

 5月21日付の報道各紙に、イラクで人質になった北海道在住の高遠菜穂子さんの、記事が掲載されました。
 「自己責任」を問われた質問には「さまざまなご意見があることは自然なことだと思います」と答え、「戦争被害に苦しむイラクの人たちのことを考えると、今こそ武器を持たないNGOを中心とした人道支援が必要だと思う」と自らの活動への理解を求めていました。

 次から次と明らさまになる米国兵士のイラク人捕虜虐待事件や、市民への攻撃、未だに発見されない「大量破壊兵器」など、イラク戦争そのものに対する米国批判も強まる中、現地イラクでは、多くの人々が「生と死」と背中合わせの厳しい日々を送っています。

 それにしても、NGO活動やジャーナリストとしてイラク取材のためにイラクにおもむいて人質にされた人々に対する、日本政府をはじめとする声高な「自己責任」の大合唱には背筋の寒くなる思いがありました。

 今回、高遠さんと同じく、イラクで拘束された入間市在住の安田純平さんをお招きできることになりました。
 フリージャーナリストの彼が見た「イラクの現状」「この戦争の実態」「イラクの人たちが本当に望んでいること」「現地のNPO・NGOの活動について」「安田さんの考える自己責任について」などなどを率直にお聞きしたいと思います。

 この会は、ひとつの団体が主催するのではなく、この会の開催の趣旨にご賛同いただける、いろいろな立場の、いろいろな年齢層の、そしてできるだけ多くの人たちによる呼びかけ人主催の会として開催したいと考えています。

 みなさま、ぜひ呼びかけ人のおひとりになっていただけませんか。お願いした
いことは下記のとおりです。

●チラシにお名前と在住の市区町村のみ(「■名前■(□□市)」というふうに)掲載させてください。(チラシは、5月下旬のさいたまNPOセンターの発行物や、6月、7月今後のいろいろな機会にお配りする予定です)
●7月17日のこの会にご出席くださるとともに、身近なみなさんにぜひお知らせください。
●呼びかけ人として企画費1000円(当日の参加費となります)を出費ください。

●当日のお手伝い、大歓迎です。事前準備もお待ちしています。

第一次締め切りを5月26日にします。お返事を下記に5月26日までにお願い致します。


さいたまNPOセンター内 ひがしさんまで
メールアドレス GDH00326@nifty.com
フアックス  04−2946−1546まで

| erga | - | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:38 | - | - |









http://erga.jugem.cc/trackback/13
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ